フランソワ・リュルトン

FRANÇOIS LURTON

フランソワ・リュルトン社はジャックとフランソワ・リュルトンの兄弟によって1988年に設立されました。 南フランス、スペイン、アルゼンチン、チリで高級ワインを生産する会社です。
彼らの父アンドレ・リュルトン氏はボルドーのシャトー・ボネ、シャトー・ラルヴィエール、 シャトー・デュザック、シャトー・クーアン・リュルトン等の10シャトーのオーナーです。
またアンドレ・リュルトン氏はAC.ペサック・レオニャンを設立した中心人物としても広く知られています。
リュルトン家はボルドー随一の銘家で、リュルトン一族(複数に分家)が所有するシャトーの畑面積は 1000haにも及び、親戚一同がワインに関連した仕事に携わっています。
フランソワ・リュルトン氏は大学卒業後、フランス政府の仕事を経て、モエ・ヘネシーのセールス・マネージャーとして働いた後、父のアンドレ・リュルトン社のコマーシャル・マネージャーを経験した後、フランソワ・リュルトン社を設立しました。
ボルドーの銘家と知られるリュルトン家にはフランスのみならずチリ、アルゼンチンの多くの会社から コンサルティング依頼がありました。
フランソワはそのプロジェクトに携わり、その経験を踏まえアルゼンチン、 チリ、スペインそして南仏でワイナリーを立ち上げ、その高い品質から彼等のワインは一躍有名になり、同社の社長として全世界を飛び回り、今に至っています。

ドメーヌ・レ・フュメ・ブランシュ

ドメーヌ・レ・フュメ・ブランシュは、フランス南西部のガスコーニュ地方にあります。
フランソワ・リュルトンと彼の兄弟ジャックがこの未知の土地を見つけたのは1997年で、ソーヴィニヨン・ブランの真のキャラクターを栽培し表現する理想的な場所です。
「フュメ・ブランシュ」は、丘陵のブドウ畑に白い煙のように漂う朝の霧にちなんで名付けられました。
風景として美しいだけでなく、南フランスの旺盛な日差しからブドウの木々を保護するのにも非常に役立ちます。

シャトー・ディ・ゼール

1980年代半ばラングドックの地を訪れたフランソワ・リュルトンは、この土地のテロワールに心を惹かれ、それまでマイナーな地域であったコルビエールの国境にある、壮大なテロワールのブドウ園を2001年に取得します。
彼らはシャトー・ディ・ゼールで、それまでとは違うより綿密な生産手法を用い、ブドウ園を復元しAOPフィトゥの主力生産者に躍進しました。

ボデガ・ブルディガラ

フランソワ・リュルトンがスペインの地で展開するワインの拠点が「ボデガ・ブルディガラ」です。
ミシエル・ロランとのパートナーシップにより生まれたカンポ・アレグレはカンポ・エリセオの弟にあたるセカンドワイン。
2007年にカンポ・エリセオを造るのと同じ細部へのこだわりと情熱のもと、より軽快なスタイルのワインとして造られました。
その味わいが示すように、アレグレとは“軽快に”という音楽用語です。